ルナメアACの成分の違いに注意!洗顔料にニキビ予防効果はない!?

ルナメアACの成分の違いに注意!洗顔料にニキビ予防効果はない!?

 

実は、ルナメアACの洗顔料だけ『医薬部外品』じゃないってご存知でしたか?

 

医薬部外品というのは、簡単にいうと予防効果が高いもので、医薬品と化粧品の間の存在です。

 

・化粧品と違って医薬部外品には有効成分がある
・医薬品と違って作用がゆるやかで副作用の心配がない(アレルギーは別)

 

ルナメアACの【化粧水】と【クリーム】はその医薬部外品に当てはまるんですが、ルナメアACの洗顔料だけは別なんです…!

 

成分表を見てもらうとわかりますが、洗顔料だけ有効成分という欄が入っていないと思います。

 

【ファイバーフォームの成分】

配合成分:
グリセリン、水、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、PEG−32、PEG−6、ラウリン酸、グリコシルトレハロース、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリチルレチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、トコフェロール、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギエキス、アーチチョーク葉エキス、カオリン、結晶セルロース、加水分解水添デンプン、BG、ソルビトール、塩化Na、PEG−150、ステアレス−13、ポリクオタニウム−7、イソステアリン酸フィトステリル、カラメル、エタノール、オレイン酸Na、酸化チタン、酸化鉄、EDTA−2Na、銅クロロフィリンNa、メチルパラベン

 

【スキンコンディショナーの成分】

有効成分:
トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸ステアリル

 

その他の成分:
天然ビタミンE、セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、チューベロースポリサッカライド液-BG、大豆リン脂質、BG、グリセリン、PEG1000、ベタイン、ピロ亜硫酸Na、ペンチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、POEフィトステロール、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル、POE水添ヒマシ油、無水エタノール、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール

 

【ジェルクリームの成分】

有効成分:
トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸ステアリル

 

その他の成分:
天然ビタミンE、セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、濃グリセリン、スクワラン、大豆リン脂質、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸デカグリセリル、サラシミツロウ、親油型モノステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、メチルフェニルポリシロキサン、ステアロイルグルタミン酸Na、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル、エタノール、無水エタノール、水酸化Na、フェノキシエタノール

 

「え!?じゃあルナメアACの洗顔料だけ使ってもニキビ対策にはならないってこと!?」

 

と、言われれば、たしかにルナメアACの洗顔料だけだとニキビ対策としての実感には欠けると思います。

 

ルナメアACの洗顔料の役割といえば

 

・余分な皮脂のみを落とす洗浄力
・ミネラル豊富なクレイ洗顔だから乾燥し過ぎない
・古い角質をファイバースクラブで絡め取る

 

という部分ですが、肝心のニキビを悪化させず抑える効果がありません。

 

それは化粧水とクリームでサポートする部分なので、だからルナメアACは洗顔料・化粧水・クリームでセットの商品なワケですね。

 

とはいえ、逆に言えば

 

・ルナメアACの洗顔料+化粧水だけ
・ルナメアACの洗顔料+クリームだけ

 

と、強引にライン使いせず2種類だけっていうのもありです。

 

決して洗顔料がダメだというわけじゃなく、コレだけでニキビ対策は難しいってことですね。

 

ただ、ルナメアACの洗顔料はモチモチ泡の気持ちよさ、適度な洗浄力、NotカサカサYesツルツルな肌と抜群の使い心地です♪

 

やみつきになるほどオススメな製品なので、一度は試してみて欲しいですね。

 

>>ルナメアAC 洗顔料の成分や効果!

>>ルナメアAC 洗顔料の口コミ!