ルナメアACで予防効果を得られるニキビ跡の種類!

ルナメアACで予防効果を得られるニキビ跡の種類!

 

以前、ルナメアACがニキビ跡対策としてどうなのか触れたことがあります。

 

>>ルナメアAC ニキビ跡への効果は?

 

今回は、もうすこし踏み込んで具体的にどんなニキビ跡に有効なのか書いていきます!
よかったらあなたがルナメアACを試すかどうかの判断基準にお使いください。

 

ニキビ跡は炎症タイプのニキビ跡、シミのようなニキビ跡、特殊なニキビ跡、真皮の傷ついたニキビ跡があります。

 

これらをニキビ対策として期待できる・できないに分けると以下のようになります。

 

ルナメアACで期待できるニキビ跡

炎症を起こしたニキビ跡(赤み)

 

ルナメアACで期待できないニキビ跡

色素沈着した(紫、茶色)ニキビ跡
ケロイドタイプのニキビ跡
凸凹クレーターのニキビ跡

 

基本的に、セルフケアできるのは炎症したニキビ跡(赤み)タイプです。

 

肌のターンオーバーによって治せる可能性が高く、時間をかけさえすれば十分目立たなくさせることも可能です。

 

ルナメアACは、そのターンオーバーを乱さないように安定させるサポート効果が高く、十分期待できます。

 

逆に、体質によってコラーゲンが異常に再生されて皮膚が盛り上がるニキビ跡や色素沈着、凸凹とクレーターができたという場合は、セルフケアでの治療は難しく、皮膚科や形成外科などでの治療が必須です!

 

あなたはどちらに当てはまりましたか?

 

ニキビ跡の状態を確認してみて、あなたに合うニキビ跡対策を選んでみてください♪

 

>>ニキビ跡の治療なら!