ルナメアAC ニキビ跡への効果は?

ルナメアAC ニキビ跡への効果は?

 

 

「ルナメアACってニキビ跡に効果があるとか書かれていないけど・・・」

 

 

ルナメアACといったらニキビ予防が主な効果なんですが、使う方によってはニキビ跡への効果があるか気にしている方もいるみたいです。
じゃあ、ニキビ跡への効果はどのくらい期待できるかと言うと・・・

 

赤みなら長い目で見れば期待できる

 

と思います。
なぜかと言うと、そもそもルナメアACはニキビを防ぐだけじゃなくて、乱れがちな肌のターンオーバーを整えてくれる効果が期待できるんです!

 

※ターンオーバーって?

皮膚の細胞が、ある一定のサイクルで古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっていくこと。
具体的に言うと、古くなった角質がおよそ28日間で取れて、新しい皮膚に生まれ変わる、いわゆる新陳代謝のことを言います。

 

ニキビ跡に限らず、健康的な肌を維持するためにはこのターンオーバーが正常に働くことが大事です!
もしもこの代謝機能が弱まっていると、古い角質、アカが肌に残ってしまうので毛穴が塞がってしまったり角質層が分厚くなり肌が荒れてしまう原因になります(汗)

 

しかも、分厚い肌になることで化粧水や美容液の有効成分が肌に浸透しづらくなってしまう可能性もあるんです。

 

ルナメアACは直接ニキビ跡には働きかけないけど肌そのものの調子を整えてくれるから、お肌の力そのもので少しずつニキビ跡を改善することが可能です。

 

なので、短期間では微妙かもしれませんが、長い目で見れば肌のターンオーバーを正常化することでニキビ跡を改善するといいうのは不可能ではないですよ!

 

個人差はあると思いますが、赤みなどだったら半年〜1年くらいが目安ですね。

 

ただ、もしデコボコのクレーター肌の場合だと厳しいかもしれないです^^;
あれは、真皮という皮膚の内側の部分までダメージを受けている状態なんで、下手すると何年かけても治らない可能性があります。

 

もしあなたがデコボコクレーターだったら、皮膚科へ行きレーザー治療などをすることをおすすめします。
でも、赤みがあるくらいだったらルナメアACは役に立ちますよ!

 

>>ルナメアACで予防効果を得られるニキビ跡の種類!